2013年05月30日

子供が出来たらなおさら


あなたのおかげで
私は生まれ変わりました。

あなたに私のすべてを受け取ってもらって、
旧暦の誕生日に、私が浄化された気がしたんです。
すごく気持ちが軽くなりましたcraft organizers

今まで、じぶんの人生、誰かにやってもいいと思っていた。
何なら、自分の身体のパーツも内臓も、
欲しい人がいるならやってもいいと思っていた。
今までは自分の必要性や存在価値が分からなくて。

私が持っている能力や才能、それに没頭することは、
実は社会の中で生きていくためには全く不要なことだし、
生きていくには寧ろ迷惑で邪魔でさえある。
特に一緒に人生を共に歩んでいく伴侶にとっては。

私は未だにずっと思ってる。
彼にはもっと、似合いの女性がいるはず、って。
アーティストでもクリエーターでもなく、
女性的で家庭的で典型的なサラリーマンの奥さん。
実際、彼と結婚したがってる女性は結構いる。
彼はなんで私と結婚したがるんだろう?って思った。
多分、彼の知らない世界にいる私に興味を持って、
私を独占したいだけなのかなあと思うし。(笑)

子供が出来たらなおさらAsian college of knowledge management
別の世界の私も私の持つそれらの才も能も必要なくて、
必要なのは甲斐甲斐しい「主婦&母親&妻」。
私はそれに徹していく覚悟で、
私の私たる部分(特に音楽に関わる部分)に封印するのだろう。

それからの日々は…、
突然私が居なくなっても誰かが私の代わりをやるような、
それくらいの人生。
私が何かの弾みで死んじゃっても、
数ヶ月後には奇麗な2番目の奥さんがやってきて、
愛情いっぱいに旦那の世話をしていると思う。

私の育てる子供はきっと人ウケがよく、ものわかりがいいから、
後からきた新しいお母さんにも馴染むだろう。
何の問題もない。
子供はそのうち自立するし。
私は現実を受け入れて、ただ平凡に過ごしていく覚悟をして…。

でもネットを知り、ブログに出あってからは、
この場に及んで、ちょっと悪あがきしてる。

だからあなたによって救われた今が信じられない。
また音楽作ったり、本気で色んなことを考えてる自分がいる。
本来の私がいる。(本来の私を必要としてくれている人がいる)
それは夢のよう。
それを信じたら、また奈落に突き落とされるようで、
拭いきれない恐れがいつまでもあるけれど。

でも初めて自分で自分を抱き締めていたいと思ったよ。
私自身を必要としてくれる、必要とされている実感がある。
『私』が、居ていいんだと思った。
私がここに居ることを愛おしいと思った。

理解できないかもしれないけど、
私はあなたに救われたと思う。
posted by dodo at 17:36| Comment(0) | News | 更新情報をチェックする

2013年04月16日

人生のどこかで


電子書籍で読んだものの1つ。
先日読了しましたshoe storage furniture

大崎善生の作品は一時期すごく好きで、有名な「聖の青春」や、
映画化された「アジアンタムブルー」など結構読みました。
この本も、今回読み始めてから、数年前に図書館で借りて読んだことが
あったとうっすら思い出しました(笑)


うっすら、というくらいだから今回新たに読んでも非常に新鮮baby shoe online
むしろ時間を経た分だけ、登場人物のココロがよく感じられた気すらしました。

短編集ですが、ふとしたところから記憶の波をたどり、
過去の時間のどこかに、あえてそれまでに見ないようにして
置き去ってきた寂寞感を見つけて、それと正面から向き合う。
どの作品の主人公にもその行為が共通しています。
著者は、その寂寞とした気持ちのことを「孤独か、それに等しい」ものと
言う風に描写しているように思います。


前に進んでいくために、あえて「なかったこと」にしている
自分の中の、小さなキズhome storage


人生のどこかで、再びそれとまっすぐ向かい合うことで新しい
時間を過ごすことができるというメッセージなのかもしれません。
posted by dodo at 11:41| Comment(0) | News | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。